中小企業向け人事労務・採用セミナーー講師のご依頼はこちら
  • 「新しい働き方について考えてみる法案」て名前はどうでしょう 2015年2月21日
    私は普段、日経新聞と地元紙の2紙を読んでいますが、今回の残業代ゼロ法案(?)については、対照的な書き方がされて […]
  • 早い!!基、速い!!! 2015年2月20日
    昨日は連合会の“マイナンバー制度に関する説明会”に、私のような(未熟)ものが、岐阜県会の代表の一人として出席し […]
  • 今年のテーマ 2015年1月6日
          謹 賀 新 年今日が本年最初のブログ、今年は、気を入れてブログを続けたいと思っています。事務所での […]

矢島社労士事務所では、毎月「事務所通信」を発行しています。真面目な内容だけでなく、4コマ漫画等が載った楽しい内容となっています。クライアントの皆様にご好評頂いている、この事務所通信、ゼヒ一度ご覧下さい。

事務所通信一覧へ

Twitter でフォロー

blackboard_01 中小企業が成長するためには、結局のところ、そこで働く社員さんそれぞれが成長するしか道はないんです。働きやすい環境を整え、「人」を伸ばしていくことが経営者の使命ではないでしょうか。そのお手伝いをすることが、我々社労士の務めだと思っています。
blackboard_01
オススメその1:お気軽電話相談コース

人に関するお悩み、お気軽にお電話下さい。リーズナブルな金額でご相談に応じます。

オススメその2:顧問契約コース

ご依頼いただく内容により、料金は異なります。まずはどんな課題をお持ちか、ご相談下さい。

blackboard_03

 

今月の1枚

p@yb4d@

善光寺門前 八幡屋礒五郎

「善光寺門前にある七味唐辛子の名店「八幡屋礒五郎大門町店」の入り口横の唐辛子のオブジェ。同社のホームページによると、日本に七味(七色)唐辛子の老舗は三軒あり、東京・浅草「やげん堀・中島商店」、京都・清水の「七味家本舗」、そして長野市・善光寺の「八幡屋礒五郎」なのだそうです。初めて知りましたが、七味といっても唐辛子のほかに何を組み合わせるかは3店ともに違っていて、八幡屋礒五郎の七味は、辛味を出すための①唐辛子、辛味と香り両方を併せ持つ②山椒・③生姜、風味と香りの良い④麻の実(麻種)・⑤胡麻・⑥陳皮・⑦紫蘇の七つ。辛味と香りの調和のとれた独特の味わいが特徴だそうです。


『たまごちゃんの勉強ノート』掲載します

事務所通信に掲載の『たまごちゃんの勉強ノート』を、当サイトにも掲載いたします。 労働に関する法的な内容などを、経営者様から従業員の方までお読みいただけるような内容になっています。 まずは、2017[続きを読む]

「やじまのちょっとひとこと」2018年1月より掲載再開します

事務所通信に掲載の「やじまのちょっとひとこと」ですが、2018年1月より当サイトへの掲載を再開いたします。 また、2016年11月から2017年12月の過去14ヶ月分も毎週水曜日に順次掲載予定で[続きを読む]

事務所通信『やじまのちょっとひとこと』2月~5月を掲載しました

いつも矢島社会保険労務士事務所サイトにご訪問いただきありがとうございます。 事務所通信『やじまのちょっとひとこと』平成28年2月号~5月号までを掲載いたしました。 将来の労務管理・・・その1[続きを読む]

平成の次の時代をどう生きようか(平成31年1月号)

昨年から『平成最後の・・・』がブームでしたが、それに倣えば今月は「平成最後の年の始まり」となります。 思い出せば昭和の終わりは昭和64年の正月明けに突然到来しましたが、平成の終わりは計画的に予定が組[続きを読む]

誰もが限られた時間しか持っていない(平成30年12月号)

最近読み終えた本の中の一節にこんな言葉がありました。 誰もが限られた時間しか持っていない。したがって、自分にとって大事ではないもので時間を埋めていくと、自分にとって大事なものに割くべき時間を失っ[続きを読む]

「改善」「改革」「革新」(平成30年11月号)

世はまさに『働き方改革』一色。 新聞誌面を眺めると、記事や広告にほぼ毎日この言葉が見られます。 さて、政府が「改革」を使って「改善」を使わなかったのは何故か、また、どうして「革新」ではないのか、単[続きを読む]

年次有給休暇の確実な取得part2(H31年1月号)

前々回、2019年4月から、すべての事業者に対して義務付けられる「年5日の年次有給休暇の確実な取得」について取り上げましたが、Q&Aの一部が記載されたパンフレットが、つい先日、厚生労働省から出[続きを読む]

労働時間の適正把握の責務について(2018年12月号)

先日、「働き方改革を推進するための関係法律の整備に関する法律」が成立しました。この中では、長時間労働規制などの内容が含まれていますが、それに伴い、事業主に対する従業員の労働時間の把握の責務について、明[続きを読む]

年次有給休暇の義務化について(2018年11月号)

日本の有給休暇取得率は、2017年においては51.1%と、先進国の中では最下位です。 これは長時間労働の問題と併せて、解決すべき問題として今回の労働基準法の改正に盛り込まれました。 有給休暇は雇い[続きを読む]