中途採用


これまで中途採用に関するヒントとしてお伝えしてきましたが、いよいよ今回は面接とは何かというお話しです。

「ここで一度改めて、面接そのものについて考えてみる事が大切。」
それにはこんな理由があります。

採用試験には作文や適正テストなどを実施されるところもありますが、面接をしない企業はほとんどありません。
それだけ重要な面接なのですが、その面接が正しく行われているのか?というとどうでしょうか?

実際に中小企業の面接に加わって知った現状から、面接で見るべきものは何かまで、詳しくお伝えします。



こんにちは、矢島友幸です。

前回に引き続き、中途採用に関するヒントとして、今回は人材募集してから面接をする前までについて、大切なポイントを幾つかご紹介します。

「ハローワークに求人を出してるから」

と言われる企業さん結構あるんですが、実際に有効なのはいつまでがご存知ですか?
求人を出していればいつかは…というのでは、いつまで経っても求める人材とは縁がないかもしれません。

次に、求職者に企業を選んでいただき面接へ、と流れていくわけですが、複数の方の面接を行う場合どのようにされていますか?

「直ぐにでも人が欲しいため、随時面接を実施している。」

というケースが結構多いです。
しかし、もっと効果がある方法があるんです!

今回はそういったハローワーク利用での人材募集や、効果がある面接の期日の決定方法など、面接をする前までの大切なポイントをお伝えします。



みなさん、こんにちは!
社会保険労務士の矢島友幸です。

いよいよ今回から、具体的な人事・労務について話をしていきます。

中小企業で採用の主力とされる中途採用
その中途採用についての問題点と解決の為のヒントを順を追ってお伝えしていきます。

「本当にその求人は必要なんでしょうか?」
「募集したい人材は、どんな方ですか?」

この質問にえっ?!と思われた方、大丈夫です。

実はこのように募集する前にも大切なポイントがあるのです。
今回はその「募集の決定まで」について詳しくお伝えします。



最近、解雇に関するご相談は、珍しくありません。
大半は経営者からのご相談で、社会人として許されない行動や発言、犯罪に準ずる行為など明確な懲戒事由がある場合は、事実確認の上で解雇の手順についてお話ししています。

しかし、ご相談の中には仕事が遅い、仕事の覚えが悪い、会社のルールを守らないなどの理由による解雇の相談もあります。

こうしたケースで解雇を選択したいというご相談に際して、「その人を解雇する」という考えに至るまでに、どの程度「その人を会社内で活用する」ことを検討されたのか、許されることなら、じっくり時間を掛けてお話ししてみたいと思うことがしばしばあります。

今後、長期にわたって労働力人口は減少しますから、労働市場は売り手市場が続きます。
つまり、多くの就職希望者の中から、厳正に選考して優秀な人材を採用するという理想的な採用活動は、求人倍率の高いこの地域ではほぼ無理だと考えて間違いありません。
また、「中途採用≒即戦力」という考え方は間違っていないと思いますが、何も教えなくても期待以上の働きをしてくれる人が、世の中に余っているはずはありません。

これからの時代、経営者の期待以上の能力を発揮してくれる人を採用できることなどありえないと潔くあきらめて戴き、「雇った人をいかに教育して能力を開花させ、良い仕事をしてもらうか」これを考え実践することが経営者の腕の見せ所だと思います。